文字サイズ

新潟みなと水遊記

◆新潟みなと水遊記◆

「新潟みなと水遊記」は、新潟西港の魅力を活かし、人々が集い、憩いを楽しむ場として港の創造や新たな可能性を見いだすことを目的に、身近に港を感じ新潟、新潟市の夏を楽しむキャンペーンです!(新潟 新潟市 観光 イベント おでかけ スポット みなと 夏)

「新潟みなと水遊記」を通じ、市民や観光客の皆さんに新潟西港の魅力を感じてもらい、「みなとまち新潟」を盛り上げ、広くピーアールできるきっかけになればと思っています。


「新潟みなと水遊記2016」イベントガイド掲載募集について 応募様式はこちら


水遊記2015記録集.pdf

○2015年に行われた水遊記のイベントの一部

   

   親子みなと見学会   海上自衛隊練習艦一般公開     ビーチライフ

   

   萬代橋誕生祭      まちなかアウトドア     新潟まつり 水上みこし渡御

◆ 新潟港 開港150周年に向けて ◆
 新潟市は、古くから河口に開かれた港町として、北海道と大阪を結びいろいろな物資を運ぶ北前船の往来する要の港として栄えました。
 新潟港は、安政5年(1858年)、日米修好通商条約により横浜、函館、長崎、神戸と並ぶ開港5港の一つに選ばれ、1869年1月1日に世界に開かれた港として大きく舵を切りました。
 現在の新潟港は、西港区と東港区の2つに分かれ、異なる機能を持った特徴ある港となっています。
 北海道や佐渡島に向かうフェリーが往来し、係留するヨット群や漁船基地が集中するなど新潟が港町であることを実感できる空間が広がる新潟西港は、2019年の開港150周年に向けて更なる魅力形成と活性化が取り組まれています。

関連リンク