文字サイズ

浚渫作業(ドラグサクション式)

  • 「白山」の浚渫は、通称「自航ドラグサクション浚渫方式」と呼び、両舷のドラグアーム(管)を海底に降ろし、ドラグヘッド(吸い込み口)を引きずり、走りながら掃除機のように土砂を吸い上げます。
  • 吸い上げた土砂は、船体中央部の「泥倉」と呼ばれるタンクに溜められ、いっぱいになると、土捨て場(決められた海域)で排出します。

白山

操船装置 電子海図
▲操船装置 ▲電子海図

関連リンク

  • ナウファス
  • 情報提供センター
  • 強震観測
  • ハザードマップ
  • 保安指数
  • みなとオアシス
  • にぎわい広場
  • 入局案内
  • 水遊記2017(イベントガイド)